メンタル病みつつ生きてきた。

2013年5月うつ病と診断され、一度は寛解したものの2018年10月頃より再燃。現在休職中。病気から得たこと、日々の生活でのことなどシェアしていくブログを目指します。

【結婚願望】家庭を持つことへの不安、うつ病でも相手を養えるか

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

こんにちは、かーちゃんです。

 

今日は楽しくない話題を綴ろうと思います。
家庭のことです。

 

かーちゃんは恵まれている環境で育った方だと思います。
ただ、家族仲がいいと思ったことはありません。
両親の仲が悪く、喧嘩をしていた記憶が残っています。
きっと楽しいこともあったと思いますが、記憶というものは強烈なものを残すようです。
家族旅行とか、必ず両親の喧嘩や言い争いがありました。

だから、かーちゃんは家庭を築くなら楽しい家庭を築きたいです。
フルハウスのような。


また、子供を持つことにも憧れを抱けません。
ちゃんと育てる自信がありません。
自分のことで精一杯ですし、遺伝でうつなどが子供にも出たらと思うと、憧れを抱けません。

 


こんなかーちゃんですが、結婚したいと思ったことはあります。
2.5回あります。

 

1回目は、うつの症状が出る前、恋愛に夢中だったときです。

学生時代最後に1番長くお付き合いをした彼。
婚約指輪も見に行きました。

ただ、悪いことに彼とは完全に依存し合っていました。

家庭の不和などから、かーちゃんは中学生のころからリストカットをしていました。
社会人になって、うつの診断が下ってしばらくは続きました。
今は落ち着いています。

学生時代の彼とお付き合いしていた頃も、リストカットをしていました。

この頃は、自分と相手の境目がなく、見捨てられないよう相手に尽くしていました。
彼もこんなわたしをどうにか変えたい守りたいと思ってくれたようで、お互いに悪い方にどっぷり依存していました。

この彼とは、彼がうつになりかけて関係が終わりました。
好きだけど、こんな状態では一緒にいられないと別れを告げられました。
その後、彼は仕事と生活と関係を捨てて、バイク旅に出ました。

かーちゃんはものすごい罪悪感を感じました。
無意識に彼を追い詰めていたからです。
その後、彼は住む場所や仕事を転々としていたようですが、今は落ち着いて新しらい彼女もいるそうです。

これが結婚を考えた1回目です。

 

結婚を考えた2回目。

これは26歳のときです。

友人が結婚ラッシュで、かーちゃんは焦っていました。

当時お付き合いしていた人がそれなりに資産があって、うつの理解があった人でした。

しかし、お店や動物に対する当たり方がひどい……

犬が好きではないと言われ、いろいろと考え直して別れました。

 

 

残り0.5回はいつかというと…今です。

 

今のパートナーはかーちゃんからのアタックでお付き合いを始めました。

段々と欲か増えていきます。

でも、うつを抱えて薬を飲んでいる状態で、仕事に行けておらず収入はない。

万が一パートナーになにかあっても、今のかーちゃんでは精神面・経済面で支えられません。

 

それでもこの関係に何か確固たる証拠のようなものが欲しく、結婚願望があります。

パートナーはそんなこと考えていないようですが。。。

 

 

育ってきた環境によって、その人の当たり前が作られます。

極端に言うと虐待が社会的な一例にありますが、自分が経験したきたことを繰り返しそう

で怖いのです。

かーちゃんが家庭を持っても、その家庭は楽しくないのではないか。

かーちゃんが子供を持っても、うまく接することができずに子供もうつに悩むのではないか。

そんなことを考えます。

子供を持ってる人って、何をどうに考えて結論つけているのでしょう。

 

ただ、子供がほしいというエゴで持っているのでしょうか。

 

かーちゃんは以前に母親に「子供を産めて素晴らしい経験をしたから、あなたにも経験してほしい」と言われました。

自分が素晴らしいと思ってるだけで、子供は散々苦しめられて、今も苦しんでます。

母親には何を言っても伝わらず「お母さんが悪いんだね」と勝手に話を終わりにされるので、何も言いませんが。

 

少しくらい自己中になってもいいのでしょうか。

子供を持ちたいという気持ちだけで、他は何も考えなくていいのでしょうか。

 

パートナーの子供は欲しいですが、そこにかーちゃんの血は入れたくありません。

それが自己中かーちゃんの考えです。

 

 

 

話が発散しました。

常識的でない内容で申し訳ございません。

 

こちらは毛むくじゃらの息子です。

ニューハーフです。


f:id:stephnie:20190218152632j:image

 

お読みいただき、ありがとうございます。