メンタル病みつつ生きてきた。

2013年5月うつ病と診断され、一度は寛解したものの2018年10月頃より再燃。現在休職中。病気から得たこと、日々の生活でのことなどシェアしていくブログを目指します。

うつ病と付き合う⑨照明は適切なものを、冷えは大敵

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

こんにちは、かーちゃんです。

やっと身体の倦怠感が取れ始めました。
午後はゆっくり活動しようかと思います。

うつ病には冬季うつがといわれるものがあるように、季節の変化によって引き起こされる場合が多くあります。そして脳内物質セロトニンから作られる体内時計の役割をするメラトニンは、目から入る光によって増減します。光がある→メラトニンが減る→体内時計は日中の活動帯になります。
逆に暗くなるとメラトニンは増え、身体は休む状態に変化します。

このことから、かーちゃんは朝はカーテンを開けて日焼けを気にせず日光を浴び、
夜は間接照明でゆったりとしたくつほぎの時間を作っています。
(今は実家なのでリビングは真っ白蛍光灯の光で眩しいです…自分の部屋だけ間接照明にしています。)

3段階に調整できて、色味も選べます。頭頂部をタッチしての調整なので簡単です。


また、うつ病患者は緊張により身体が縮こまり硬くなっています。かーちゃんも常に身体に力が入り気味です。
さらに冬は寒さによって縮こまった身体となり、活動しにくくなります。
ストレッチや防寒はもちろん、縮こまり・凝り防止にこれを使っています。

桐灰化学 あずきのチカラ 首肩用 100% あずきの天然蒸気 チンしてくり返し使える 1個

桐灰化学 あずきのチカラ 首肩用 100% あずきの天然蒸気 チンしてくり返し使える 1個

濡れタオルをラップで包んで、電子レンジにかけても簡単湯たんぽができます。
加熱時間とヤケドに注意。

もしよかったら、参考にしてください。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ